phenix0.jpg

2013年11月18日

空手へのチャレンジ


goods-01_thumb.jpg



空手を始めたのは19の時でしたかね、最初福島にあった極真の関西本部ですか、
でも月会費が高いんですよ。何年かして極真の人と話しをして聞いたら2段で
20万、3段で30万収めないといけないと聞いて「高いなー」と思って
ましたよ。


そして「流浪空手」と前に書いた長男の「芦原が極真で一番強いとぞ〜」の
子供の時の記憶ですね。兄貴の影響ですよ。
兄弟の影響って大きいんですね。



恐ろしかったですね、びびってましたよ。道場はね、今考えるとね、「なんで
お金払って、こんな恐怖感あびないといけないの?」って思いますよ。

さすがに入会する前に電話かけて
「すいません、初心者でもついていけますでしょうか?」って
電話しましたよ。


伝説あったでしょ?、「極真の黄色帯でも他流の黒帯の力がある」とか
「極真で黒帯取って暴れたら凶器とみなされて逮捕される」とかね。
「黒帯は警察に登録されている。」とかね(笑)


そしたら、「大丈夫ですよ!、黒帯は絶対攻撃しませんから...」



たしかに「参りました!」ってへたり込んだら攻撃止まることも
ありましたけど、騙されましたね。
「全然、大丈夫じゃねーじゃないか???」ですよ。


「死ぬ覚悟してたら大丈夫ってことですかね???」
それならわかりますけどね。




初めてやさしく接してくれたのがT先輩でね、今何してるんですかね?
合って見たいですね。でもその先輩鼻がねL字型に近く曲がってたん
ですよ。

英語の文字のエルですよ。(笑)、「先輩、鼻どうしたんですか?」って
聞いたら「これ、中山師範に蹴られてって.....」普通に言うんですよ。


「どんな所やねん????」って世界ですよ。
なんか暴走族9人とか12人とか2つ説がありましたけど「すいません」
って謝った後に「わかりゃいいんだよ、わかりゃ」って振り返った後に
相手を背後からハイキックでKOしてたとか....

フルへースのヘルメットの上から殴って暴走族KOしてたとかね
緑帯の時に石井和義先生が組手で倒してから強い子弟関係が
できたとかT先輩が言ってましたね。



先輩達も全員悪魔に見える位恐ろしかったですよ。



でもね、基本ができない位、人が多くてね。黒帯の先輩が3人前に出て
基本やってましたよ。


本気で道場生の間で言ってましたね。
ここにいる黒帯の人達が暴れたら「猟銃で撃つしかないな」ってね(笑)



さばかれたらすぐ「参りました」って言わないとね、攻撃続くんですよ。
そのルール知らない道場生なんてめった打ちでしたよ。
知らない奴なんて地獄ですよ。


黒帯が動いただけで何もしてないのに「参りました」ってしゃがむ
うまい道場生もいましたね。(笑)


素手で顔面パンチもらったことありますよ。
道場生増えると入り切れないので「マビキ」って言って組手で
叩きのめして減らしてましたからね、考えられない世界でしょ?


今だったら1日で全員辞めますよ。
それでも辞めない人がいたのは昭和世代だったからですよ。


空バカ読んでから来る世代は精神が違うんでしょうね、漫画でしたよ。
組手で倒された人間が並べられてましたよ。
魚市場のマグロですよ。(笑)


でもね、良くないな〜
と思うのはね、見学者で足組んで座って腕組んで座ってたらね
その見学者の所に前蹴りで道場生ふっとばしてぶつけるんですよ。


生意気な見学者への前蹴りによる人間爆弾ですよ。
そんな所ないでしょ???
見学者にですよ。
見学者走って逃げて帰ってましたよ。


人間が飛んでくるんですよ!
倒れた道場生蹴ってるのもよくありましたよ。


今だったら考えられん異常な世界ですよ。
大体日曜の夕方に組手なんて異常ですよね、大体月曜に備えて
ゆっくりするのが普通でしょ?、
「さー明日から月曜日だから風呂入ってから早く休もうってね」


会社員の道場生なんかどうやって行ってたんでしょうね?
私は学生でしたからね。
まだよかった。ヒザ蹴りもらってまぶた真っ黒で恐がられ
ましたよ。



サザエさんの音楽が流れている時にめった打ちの惨劇ですからね。
ありえないですよ。
でもなぜか「ブルースリーカット」の先輩が多かったですね。



「アイ・アム・ブルース・リー」ばかりでしたね。
今では考えられない世界ですよ。

でも、当時強い人はすべてここにいたんじゃないかな?って回想
しますよね。緑帯でもうまくて強かったと思いますよ。


だって正道館1回の人達ってすべてここの出身でしょ?そして
無名のうまく強い人達がその数倍はいたと思いますよ。
とにかくセンスの高さがすごかったですよ。



「これが空手か!」って思いましたよ。
練習終わるたびに道着をクリーニング屋に持って行ってましたよ。
それ位に思い入れあったんですよ。



「強さにあこがれて影響受けた人はすべてここに集まっていた」
と言っても過言ではないと思いますよ。
こんな時代はもう2度とこないですよ。


大体、見学者もよく考えてから来いよってのが多かったですよ。
態度悪い奴はすぐ茶帯や黒帯に倒されるんですよ。
大体、1日で辞めさせられる。
道着1回しか着ないで終わる。

入会の時に「俺、入りたいんやけどー いける?」
とか言うやつは首筋掴まれて引っ張られ
「君、言葉使いに気をつけないと痛い目に合うよ」なんてね。
そんな入会、今あります?


指導員も指導員でしたね、ありえないですよ?












posted by KARATE SPIRIT at 21:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

アイ・アム・ブルース・リーを見て思うことPART3

51yIAN2PXyL__SL500_AA300_.jpg

それではこのDVDの中でインタビューされている1名の中に入ったと仮定して書いて

行きたい。松宮康生先生や最近、急激にアクセスを集めている東條君の拳友会ブログに

負けないおもしろいものを書いてみたいと思う。最初にブルース・リーを見たのは長男

の影響でしたね。燃えよドラゴン見て部屋にバンバンポスター貼ってましたね。なぜか

高倉健、藤純子、夕日のガンマンのクリントイーストウッドのポスターの中に白黒の

両手にスティックのようなものを持った白黒の写真でしたね。半分黒く影で顔が消えて

いるけど何かカッコいいな〜位でしたね。有名な地下牢の写真でしたね。

岩下レーシングのポスター全盛期の時代ですよ。ポスターカタログ見てワクワクした


時代ですね。やはり、映画として最も影響を受けたのは「ドラゴン怒りの鉄拳」と


「地上最強のカラテPART1」ですかね。おもちゃ屋でビニール製のチャチな

中国製のヌンチャクがおもちゃ屋で飛ぶように売れていた時代でしたね。

それからヒモをつけたり、クサリをつけたり色々なバージョンを創りましたよ。

鏡の前で何回もヌンチャク練習しましたよ。ミスして当たって赤くはれ上がる

位やりましたね。長男の兄貴も全身赤く腫れてやってましたね。

夜中に近所のお兄さんとサイド・キックを何回も練習しましたね。

不思議な縁でね、梶原一騎マンガもよく読んでいて、「おい、空手は

芦原が一番強いとぞ!」とか空手バカ一代を読んで言ったのを覚えて

ますね。この前、選挙に出た佐竹君と兄貴が2〜3年前に合ってるん

ですよ。多分、福岡の兄貴の会社のボスが選挙かなんかで助けてたのかも

知れないですね。兄貴も格闘技が好きでね。
「おい、この前佐竹会社に来たぞって、なんかウルトラマンやら何やら
言うとったぞ!」って彼はヒーロー大好きなんですよね。


「うちの社長が色々世話しちょると..」なんて九州弁

でね、また聞こうかななんて思ってますよ。ただ、あれだけ命削って

世界の強豪と戦ってですよ。寿命縮めてあれ位の知名度と票数かよ?

とかわいそうになりましたよ。佐竹君がまだ千里の公園で練習してた高校生

の頃かな?、教えてたのが私の先輩でしたね。「パワーすごいよ!!」

って言ってましたよ。

「ミット持ってても体ごと飛ばされる!!」って言ってましたね。


大学出てTV局に就職決まってた位ですからね。


K−1出て頑張ったのはすごいことですけどね。体のダメージも
相当大きかったと思うんですよね。

その先輩が村田栄次郎さんのジムに親子で通ってて
パンチの打ち方なんかよく教わりましたよ。


何人かボクサーの人と練習したんですけど体が軽くてもね。
何発ももらうとだんだん効いてくるんですよね。



最初は「何や、全然効かんぞ!」がね
なんかだんだんジワジワ効いてくるんですよね。



アッパーパンチをもらったことあるんですけど
自分の耳が爆破したかと思いましたよ。

でもね、脳を揺らせて倒すスポーツですからね。
危険ですよね、目も一生使いますからね。


やってわかりましたよ。
芦原道場時代にもグローブ付けての顔面スパー
なんてやりましたけどね、朝目を開けるとね、


天井がグルグル廻ってるんですよ。
「こりゃ、いずれ頭おかしくなるわ!」
って思いましたよ



顔面は長くはやらない方がいいと思いましたね。









posted by KARATE SPIRIT at 13:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

アイ・アム・ブルース・リーを見て思うことPART2

51yIAN2PXyL__SL500_AA300_.jpg


このDVDの中でダン・イノサントがJKDは「伝承はできるが規格化はできない」と


言っていますよね。思想は同じなんですよね。フェニックスも「不死鳥魂」という思想


だけですよ。だから、ここが消滅しても各自の心の中に各自の「不死鳥魂」が残り子孫


に伝承されて行くだけでいいんですよ。


その創りあげる媒体が「武道」であるだけなんですよ。


最終的にはあらゆる流派の良い点を取り入れて「自分自身のカラテを創り


あげる」という点では同じなんですよ。その目的が護身のためであったり、大会に勝つ


ためのカラテであったり、健康維持の目的であったり、不動心や自信をつけるため目的


であったりとかね。家族を長く養うためにストレス解消してオヤジの不死鳥魂を創る

ことでもいいんですよ。思想は自由ですからね。更に「ボクシングとカラテのパンチの

打ち方はなぜ違うんだ?」、「正拳突きとボクシングのジャブはどちらが有効なんだ?」

「ムエタイと空手の蹴りの腰や足首のひねる角度はどう違うんだ?」でもいいんですよ。

はまると追及したくなるんですから


そういうことをを議論して永遠に追及する場であってもいいんですよ。1人1人違うし、

「伝統カラテとフルコンの良い点はどこか?」でもいいし、試合で使える技、使えない

技の探求でもいいし、「サバキが大会に使えるか?」でも何でもいいんですよ。各自が


探求するわけですからね。


例えば、大会向けの練習なんて若い時しかできないんですよ。その後に護身やサバキに


戻ってもいいんですよ。もともとね、一流派のやり方で押さえつけてもね、無理なんで


すよ。みんなね、様々なものに興味を持つから押さえつけても無理なんですよ。


これに気がつかないから、流派同士のプライドやつまらん意地を張るわけですよ。


他流派の悪口や仲間割れをする時点でね、人間そのもののレベルが低いんですよ。


それに道場生が気を使う時点でね、世間ではおかしい世界なんですよね。


昔、共に切磋琢磨していた人間が今は憎みあって口も聞かないなんて


この世界だけですよね。プロレスじゃあるまいし、どうでもいいことですよね。


フェニックスにも支部長クラスで権力に逆らえることができずに悩みを抱えている

人がたくさん来ましたよ。しがらみで思うことができない、言えない世界なんて

おかしいでしょ?、もっと原点にもどることですよね。


楽しむためにはじめたんじゃないんですかね?、まるで「兄弟の杯」を交わした


絶対服従が原則のヤクザの組員のように見えますよね?


だって返事は「押忍!」だけですから
もう、そんな時代じゃないですよ。誰もついてこないですよ。



第一にものすごい少子高齢化の時代が来るのに道場の経営が
成り立たないですよ。そしてカラテ界がね、大同団結しないと
親が子供預けないですよ。




協調性がない所に預けてどうやって協調性学ばせるんですか?



もっとカラテ界全体がお互いを尊敬し、歩み寄らないと
全体がダメになりますよね?






「うちの流派がこの世で一番最強だ!」なんて海外では笑われるだけですよ。流派同士の
試合に負けたっていいじゃないですか?、「心」で負けなければ負けたことにならないん
ですからね。負けたら切腹でも強要されるんですかね?


カタカナを使った理由もここにあるんですよ。「○●会」とか「●●会館」とか「●●塾」とかつけると

従来の固いしがらみや組織の縛りつけからの離脱ができないからですよ。自由なポップな軽い

イメージ、F−1チームのようなイメージを出したかったからなんですよ。


もう時代遅れですよ。



むしろヨーロッパの人達の方が武道精神は上なんじゃないですかね?

もう一つは「不死鳥魂=持続力の代名詞」のことなんですよ。

人生生き抜いていくだけで「持続力」がいるんですよ。


生きることそのものが甘くないじゃないですか?、ですよね?

子供達を親として育て上げるだけでもね、

相当の持続力必要ですよ。親の介護や病人の看病するだけでも持続力が必要なんですよ。

家にいるニートを更生させるのだって不良少年を更生させるのだって持続力がいるんですよ。

腕立て毎日10回やるんだって、体重3キロダイエットするのにも持続力っているんですよ。

イヤな学校や会社に毎日行くのだって持続力がいるんですよ。


毎日、一生懸命に野菜売ってるやおやの大将だって家族養うための
「不死鳥魂」持ってるんですよ。



自転車屋や魚屋の経営者だって不死鳥魂持ってやってるんですよ。
持続力がないと倒産しますからね。




持続力の養成って最も大事な生きている限り必要な精神なんですよね。



フェニックスにも60歳近い人いますよ、毎週ミットを10回蹴るだけでも
それこそ立派な「不死鳥魂」ですよ。



腕立てたった3回を1ヶ月継続するだけでも大変ですよ。



ちなみに私は剣道、柔道、カラテで合計40年超えましたけど(笑)
ここまで来ると異常の領域ですけどね。



「他にやることないんかよ?」って変人の世界ですよ。



でも、なぜか私の知り合いは合計25年以上が多い。


でも一番最初の原点はアイ・アム・ブルース・リーですよ。
みんなそうですよ。



こういうのやってる人ってみんな影響受けてるんじゃないですかね?



アイ・アム・ブルース・リーというDVDが重要なことを教えてくれますよ。

このDVDには大切なことがたくさんつまっていたので何回か考えることを書いてみたいですね。

このDVDを見なかったらこういうことは書かなかったでしょうね。

AMAONからの注文は以下から注文できます。








posted by KARATE SPIRIT at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。