phenix0.jpg

2013年11月26日

カラテの良さ

phenixlogo1.jpg

アイ・アム・ブルース・リーのDVDを見て思いついたように連載したが
連載最後に自分なりの空手論を述べたい。

まず、大山総裁が言っておられたように「私は長年空手をやっているが、今でも
こぶしの握り方はこれでいいのだろうか?と考えることがある」とインタビュー
で答えてましたね。


鬼の黒崎先生が若き日の大山総裁のことを聞かれて
「朝から晩まで手刀でどうやったら石が割れるか考えてる人に
勝てるわけねーだろ?」って答えてましたね。(笑)


最後、ライオンと戦うと言ってた位ですからね....




年を取ると空手の基本稽古の素晴らしさがわかりますよね。
全身運動ですし、ものすごく健康にいいと思います。



若い時は派手な技や応用技や必殺技やスパーリングしか興味なくて基本はおも
しろくないと言いますけどね、年を取ると基本稽古の全身運動としての完成度の
高さに気がつきますよね。



私みたいにもくもくウェイトできないタイプは強制的にでも運動する場所に
行かないとやらない。人間は本来「ナマケ者」なんですよ。


また人間は足から弱っていきますから走らないといけないですよ。
走れなくなりますから
だから子どもの運動会で急に親が走るからこけるでしょ?



前蹴上げなんて常にやらなかったら絶対上がらなくなりますよ。
基本稽古を本気でやったらほんとにね、これは全身運動ですよ。




これは良くできてますよ。ラジオ体操より全身使いますよ。
当たり前ですけどね。




次に護身術として自分の身を守るためにも多少年をとっても感覚は失わない
ようにした方がいいでしょうね。
昔やってた人もね、不良少年にオヤジ狩りされるかも知れないですよ?
昔の感覚だけ失わなければいいんですよ。
家族や子供を守らなければならないかも知れないですよ。



海外旅行する人は絶対やっておいた方がいい、日本人はおとなしいから
「カモ扱い」で金持ってると思われますから被害に合いやすい。



もちろん気合い入れて追及してもいいんですよ。
大会に出たい人は若い時だけ出ればいいと思いますよ。
それも出たい人だけが出ればいい。



理由は、あのマットに立つだけでものすごい恐怖ですからね。
それを勝とうと負けようと乗り越えた勇気はすごいですよ。


そうすると世の中の恐怖とか不安とかがちっぽけに見えて来ます
からね。自分の成長になりますよ。
修羅場を超えたって言うんですかね。


できるだけ大きな大会に出た方がいい。
思い出に残りますからね。


それもチーム創ってやった方がいい。人に対する感謝の気持ちも
わかりますからね。そして「絆」ができますよ。
体育会系の良さですかね。




サバキにしろ護身にしろフルコンにしろ両方やった方がいいんですよ。
年齢と共に体に負担のないようにスライドすればいいんですよ。


動かなくなったらミット持って受けてやるだけでいいんですよ。
ものすごくミット持ちのうまい人いますよ。
トレーナーとしての才能ある人だっていますよ。



自分が動くより他人の才脳を引き出せる達人ですよ。
クラブのマネージャーって高校野球と同じで大切なんですよ。
そちらの方向でもいいですよ。好きで長くやりたいならね。






全員に同じ練習量を強要したらダメですよ。無理ですよ。
みんな仕事持って一生懸命やってるんですからね。すこしでいい人
だっているんですからね。そこを考えないと...

そしていつでも復活できる雰囲気を持っていること!
これがないから敷居が高くなって止めていくんですよ。
「もう、いいや!」となってしまう。戻りたくても戻れない。
面倒くさくなって止めるんですよ。暖かい歓迎がないんですよ。



あくまでも仕事あってその次ですからね。
次に「ミット蹴ったり、軽い軽いスパーリング」をすることが
ストレス解消にものすごくいいということですよ。



現代社会に生きることだけでものすごくストレスがありますから
日本に今60万人以上不登校や引きこもりいるんですよ?


ミット蹴りやスパーリングやってる時に絶対
「同時に悩むこと」はできないからね。


これが最高にいいんですよ。
そして他の仕事をやってる人と友達になって喫茶店でも
行けるようになって空手以外の話しでもできたら
それでいいんですよ。



人間の視野が拡がりますから、それが世界ならなおいいですよ。
海外に行った時に現地人だけのうまい店を教えてもらえるしね。


私なんか日本のカップヌードルおみやげに持っていってフランス
料理のフォアグラとかものすごい高価なフランス料理食べさせて
もらいましたよ。


本当に申し訳なかったですけどね。(笑)
私の原価500円以下でしたから。
でも「見たことない!」て外人達は喜んでいたからね。



目的は1人1人違うんですよ。
好きにさせたらいいんですよ。年齢や環境に応じて求めるものが
変わっていくんですよ。



それと最も大切なことはね、純粋に好きで始めた人間に
組織間や流派間のドロドロな部分を見せてはいけないし、
巻き込んではいけない。少年部の保護者に「しょせん空手」
と言われるようではダメなんですよ。




どうでもいいんですよ、関係ないんですよ。知られても
気づかれてもダメですよ。指導者としてダメでしょ?




元はと言えば先生たちが「俺が、俺が!!」の気持ちを捨てる
だけでいいんですよ。
「心の中で俺より目立つな!、死ぬまで俺を尊敬しろ!!」
とか考えているからおかしくなるんですよ。



独立したかったらさせたらいいじゃないですか、そして失敗
して帰って来たらたらまた温かく迎え入れればいい。
失敗して反省したらまた仲良くできますよ。




自分の流派出したかったら一回やらせて見ればいいんですよ。
うまくやれば喜んだらいいし、失敗したら出戻りでいいじゃない
ですか。完全に斬る必要ないですよ。よほどの場合を除いてね。





そうすれば分裂なんて起こらないですよ。
小さな自分達だけの世界で「全日本王者」なんて言ってもね
競技として認められないし、町内会の相撲大会と同じですよ。




大会やるんだったら思いっきり選手が輝ける、誰もが認める、
一生思い出となる大きな場所を創ってやるべきでしょ?


選手って長くできないし、長くやるものでもないんですよ。
その次は健康維持や護身やストレス解消に移行すべきですよ。
ただ、どうしてもチャレンジしたい人にはね、
本気でやってるんだから最高の大きな舞台を準備すべきですよ。


組織の政治力や権力欲のため握りつぶしたらダメですよね?
どの流派も分裂の動きが止まらないでしょ?
良くないですよ。どんどんマイナー化している。
大同団結しかないと思いますよ。





高校野球の甲子園と同じ位注目される位のね、サポーターや
私設応援団が自然にできるようでないと一般社会に認められた
と言えないんですよ。






選手のことを考えている先生なら絶対そうしますよ。
「そんな大会知らないよ、内輪の連中の中だけでしょ?」
とか聞かされる選手の気持ちを考えたら組織の意地なんてどうでも
いいと思いますけどね。



本気でがんばってやってやってバカにされたらかわいそうじゃないですか?
日本のファンは世界一目が肥えてるんですからね。




それ位の懐の大きさ見せてくださいよ。意地の張り過ぎですよ。
どこかの独裁国家の権力者と変わんないですよね。
ケンカして何が残るんですか?

だから昔空手だけで食べてた先生達が喰えないから
働きに出なくちゃならなくなってるでしょ?
やめるのが多いからですよ。時代は変わってるんですよ。

だから、みんな変わらないとダメですよ。
どんどん空手道場が潰れていきますよ。



これ、私が考えている1つの案なんですけどね。
いいですか、聞いてくださいね。



もし、大同団結の時が来てですね、皆さん、こういう空手大戦争どうですか?
自分が生きている間に見てみたいんですよ。




組手部門では柔道の団体戦のように道場毎にやってもいい。
サッカーのJ1,J2のように順位をつける。
盛り上がりますよ。ヒントはJリーグの盛り上がりですよ。
各道場から5名、リザーブ選手2名位で団体戦の方がおもしろいかもしれないですね。



体重の問題があるなら先鋒は60キロ、次峰は65キロまで、中堅は70キロ、副将は75キロ、
大将は80キロ以上から無制限とかね。(笑)
テクニシャンの選手がいるのなら体重ハンデなしでもいいと自己申告できる。



勝ち抜き戦でもいい。サポーターもつきスポンサーも
つきますよ。盛り上がればTVもつくし、ニュースにも
流れる。きっと体育館満員になりますよ。
まず、地域に愛されますよ。地元企業の協力者も出てくると思いますよ。



もう1つは型の部門、武器術の部門ですよ。これは
「美しさ、華麗さ」を競う。
ヒントはフィギャースケートですよ。
浅田真央ちゃんや高橋大輔君のような壮年部のスターだ
って出ますよ。型の美しさであれば70歳の型の達人だって出る可能性がある。



そして競技者もその競技を長く追及できる。
本当の型の達人が出て来ますよ。NHKが放送するかも知れない。
三節根やヌンチャクやトンファーの達人も出るでしょうね。




団体戦の演武部門もおもしろいでしょうね。ヒントはシンクロナイズド
スイミングですよ。素晴らしい演武が出て来ると思いますよ。
世界のファンがスタンディングオベーションで立ち上がって拍手しますよ。
これは世界的に放送されますよ。きっと






そして点数化して世界の審判がジャッジする。
そうするとこれもTVもつくし視聴率だって取れますよ。
この2つで世界基準にする。




そしてワールドカップまでやる。一気に世界的競技
になるかも知れないですよ。今までの暗いマニアの一部
競技から世界的競技に一般認知されますよね。


日本代表の選手だけファン投票で選んでもいいですね。



このままだと永遠に日陰の競技のままですよ。
そしていずれなくなりますよ。
ものすごいスピードで少子進んでいるんですよ。



世界から化け物みたいな連中も絶対来るから優勝チームは日本の
誇りをかけて戦うようになると思いますよ。



ここまで来たらすごいですね? ワクワクしますよね?
柔道の団体戦もおもしろいんですよ。5人で2対2になっての
最後の大将戦なんて燃えますよ。意地と意地のぶつかり合いが
見れますよ。どうですか?


サッカーのPK戦よりも緊張感が出るかも知れない。
おそらく大将戦まで行けば感動的な死闘になりますよ。
TVの視聴率はここで急激に上がる。


そして選手以外はとにかく楽しんで自分のペースで健康維持を目指す。
とにかく楽しんでやる。
最後は「楽しさ」ですよ。これがないと絶対にダメですよ。
もう「苦痛や試練」をお金払ってまで行く時代じゃない。
行ってメンバーに会うのが楽しみで楽しみで仕方がない
位でないとね、ダメなんですよ。


考えて見るとね、簡単なことなんですよね。
「楽しさ」が根底にないとダメなんですよ。
だからエンジョイカラテでいいんですよ。


最後にね、フェニックスは外国から来たようなもの
ですよ。逆輸入のような団体ですよ。(笑)
でもここから結構な人材輩出してるんですよ。


それはね、ここの雰囲気がいいからですよ。ただ、それだけ
道場で人間関係でもめたやつの駆け込み寺みたいなところですよ。(笑)
各道場のもめた奴同士でスパーリングしてるから笑える。


海外では色々な道着を着た人達が流派にこだわらず
本当に切磋琢磨して楽しんでやっている。
だからここは40代から50代が多い。


「空バカ中年」は元気な中年なのか、行く所がないのか、自分の好きな世界を理解
している人を求めて来てるのかわからないですがね、でも日本最後の熱い世代ですよ。

俺たちは最後の激熱世代なんだよ。



「空バカ世代という日本最後の熱い世代がジメジメした権力争いして自分達でブーム消して
自分達で自分達の首を絞めていることに気がついて欲しいですね、誰も入会しなくなりますよ....」



イベントもお客が入らなくなるから赤字になってるじゃないですか?、気がつかないと
やればやるほど赤字が膨らみますよ
自分達がお客さん入らなくしてるんですよ。
みんな野球やサッカーに行きますよ。当たり前ですよ。




ここは空バカ世代の最後の燃焼の場かも知れないね。いい笑顔してますよ。
だから空バカ世代終了と共に終わっていいとも思ってますよ。
大体、年がいもなく久しぶりにはり切ってやりすぎて翌日全員筋肉痛になっている。(笑)

ここは各流派の空バカ世代OB同窓会のようなようなイメージですよ。
そう、「空バカ世代OB同窓会」が一番近いね。
だって各道場の胸のマークが違うのが同じ場所にいるんですよ?

こんな道場、他にないですよ?
まるでエネルギーにあふれた少年のような笑顔をしている純粋かつ
単純なオッサンだらけですからね。



この前来た人なんてね、「数年前から1度参加したかった。今、それが実現できて本当に
うれしいです!」なんて真顔で言いましたからね、「こんなわけのわからん団体にそんな
思い入れある人いるんだ?????」ってびっくりしましたよ。
恐縮しましたよ、本当にね。


純粋な熱い中年団体がゲートボールを楽しんでやっているイメージですかね。(笑)
ゲートボールの代わりに空手ですよ。


それでいいんですよ。調子悪い時はこなくていいし、いつでも
復活できる。誰にも気を使う必要はないですよ。
好きなことを好きな量だけやればいいんですよ。



空手は日本が一番のはずなのに今や海外の方が上になってしまっている。
改善される気配も全くない。相変わらずつまらん意地の張り合いですよ。


海外では彼らの心の中では「カラテ」は1つなんですよ。


考えて見ると海外から本当の姿を教えられたんですよね。
「これだ!」と思いましたよ。



ここに書いてあることが陰湿なしがらみの多い空手界の改善につながればいいと
思いますね。皆さんね、あと何回人生生きてる間にオリンピック見れるんですか?
気がついたらもう年を取ってますよ。


陰湿な何の価値もない争いしている場合じゃないですよ、そうでしょ?
世界の願望に本家が応えなくてどうするんですか?
「俺が生きている間は俺だけ幸せであればいい、メシ喰うために俺たちの
世界だけで生きていけばいい」じゃダメですよね?


もっと考えた方がいいですよ。つまらん争いは今すぐ止めるべきですよ。
いつまで続けるんですか?


大山総裁が言ってましたね。
「カタカナのカラテの文字がいいんだよ!」って
少なくともここの空バカ世代は純粋な空手バカ一代ですよ。


PS:何の宣伝もなく連載したらひそかに150人以上
   毎日、読者が増えて行った。皆さんね、人の中傷
   や批判記事で喜ぶのではなく「素直になりましょ
   うよ、何だかんだ言っても読んでるということは
   この世界が好きなんでしょ?」と言いたいですね。

   もう、ブームも去って寂しいじゃないですか?、
   もう暗い陰湿な争い止めましょうよ!ともね。
   人生そのものが短いですからね。
   このつまらん流派の壁だけは生きている間になく
   なって欲しいですよね。いや、なくすべきですよ。
   皆さんもそう思いませんか?


どうせやるなら楽しくやりましょうよということですよ。
ここに書いたことが以下の動画のような1つのムーブメントになることを祈ってね!



読者のみんな、本当にわかったか?、アンコールでもう1回だ!!
みんなの力でムーブメントを起こそう!
すごいことをする最初のバカはここだ。
みんな続けよ!飛びこむ勇気とガッツを持とうぜ!!

しつこいが近くで見ていた人もびっくりした 近距離から撮影したもの
最後の人がAwesome!(すさまじい!)と叫んでいる



   
















posted by KARATE SPIRIT at 09:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

流派の壁を越えて3

pedal3.jpg

石井和義先生がK−1を立ちあげて別の方向に行ったんですが愛媛の一介
の空手家があそこまで持っていったのはすごいと思いますよ。

ドーム満員にしたり、何でしたっけ?
ダイナマイトで国立競技場10万人入れたんでしたっけ?
すごいですよ。

京セラドームを満員にした時に会場に行きましたけどありえないですよ。
すごい人の数でしたよ。この頃は天神橋の商店街歩いてたら
前からアンディとジャンリビエールが歩いてたり

前から「どっかで見た顔やな?」と思ったらチャンプアゲッソンリット
だったりね。知り合いが整骨院行ったら隣にマイクベルナルドがいたとかね。


その後、空手界の分裂で正道の全日本がガラガラになって館長が角田さんに怒った
って聞きましたよ。「なんや、この客の入りは!」って


無理やり「選手に出ろ?」とか言って集めない位大会がガラガラになりましたね。
組織が崩れるとファンが完全に離れちゃうんですよね?
もう、そこからは落ちる所まで落ちたって感じですよね。



指導員室で経営の本ばっかり読んでたと聞いたことがありますがTV中継
取るだけでもすごいですよ。


石井先生の「日本発世界」という言葉が好きでしたね。
よく批判ばっかりする人いますけどここにも批判は書いてますが
自分にできないことをやった人は素直に認めるべきだと思いますね。


少しでもチャンネルをつけて楽しんだことがあるのならなおさら
そうですよね。ブーム創るってのは大変なことですよ。
それをやってのけたんだからすごいですよ。



批判ばっかりするのは良くないですよね。
やった人間はえらいと思うし、絶対に苦労してますからね。


この世界は嫉妬がすごい人多いですからね。
批判して自己満足しても仕方ないですよ。


そのうち人生終わってしまいますよね?
空手という世界に通用するソフトがありながら
つまらん争いで日の目を浴びないで終わっているのが

もったいないですよ。



協力して世界が注目するようなオリンピック位の
イベントやらないとダメですよ。
そう思いませんか?





でもピーターアーツが10年以上も出てたのを見ると
「選手いないんだろうな?」と思ってましたね。
ヘビー級のパンチと蹴りですよ。
長くできるわけないですよ。


一番おもしろかったのは「アンディ対チャンプア」でしたかね。
リングサイドで松宮先生と見ましたよ。


アンディのかかと落としをチャンプアが手のひらで受け止めて
全力でミドルキック返すんですよ。驚きましたね。
かかと落としなんて見たことないはずですよ。



それに「獣の感」で反応していたチャンプアが凄かったですね。
近くで見ないと迫力って伝わりにくいですからね。
TVの方がいいですよ。


兄貴が福岡ドームで2万円の席買ってK−1見にいって
「なんじゃ、全然見えん!」と怒って電話かけて来ましたよ。


もう1つは佐竹君と極真のピータースミットですね。
これもリングサイドいたんですけどスミットが「ヘラヘラ」笑って
るんですよ。でもジャンプしてリングに飛び込むまでが
カッコよくてね。

こいつ本当にケンカ好きな不良なんだな?、なんか不良少年がその
まま大きくなったようなね。


たしか、世界大会で負けて控室かなんかで暴れて色々と叩き壊して
「そんなことはしていない、そいつは俺に似てたけど俺じゃない!」(笑)
とか言ってたんですね。



そして佐竹君が前歯をね,全部抜いてるんですよ。
見てびっくりしましたよ。
同じ食堂で魚フライ定食喰ってた彼がですよ..



「こんな覚悟決めてるんや????」
恐ろしいですよ、さすがにビビりましたよ。
前歯、全部抜いて歯ぐきだけで笑ってましたよ。(笑)


それと試合前にアンディがミット蹴ってアップしている
時ですか、あんな蹴りもらったら終わりですよね。


すごかったですね。
石井先生はアメリカのペイパービューを狙ってたんだと
思いますよ。


あれなら億のファイトマネーが出せますから
「空手だけでは儲からない」「限界が来る」と思ってたと
思いますよ。


それでも「日本発世界」を実現した功績は大きいですよ。
「頂点を輝かせる」という戦略は正しいですからね。



でもピータースミット殺されましたね?
たしか銃で撃たれたんですかね?


ボクサーのカマチョも車を運転してて頭を撃たれましたね。
オランダの連中は恐いですよ。


ムエタイのジムをバンコクで見たことあるんですが
オランダの刺青の入った用心棒がタイまで修行に来てるんですよ。


バダハリも同じ系統でしょうね。
地下社会の構成員のようなね。
ディックフライやジェラルドゴルドーなんかと戦えます?
目の中に手を入れたり、試合中に噛みつく連中ですよ。




おもしろい話があってね、後輩の道臣先生が前から態度でかい
外人グループが歩いて来てね。



細い道で彼は坂の上に向かって歩いてたんですかね。
夕日がまぶしくて見えなかったようなんですよ。(笑)


そこでケンカになって
一番でかい奴に殴りかかられたらしいんですよ。
マネージャーがすぐ止めたから良かったんですよ。


そいつジェロム・レバンナだったんですよ。(笑)
K−1の大阪大会の前日でしたかね。

「生きていて良かったね!」と言いましたよ。
夕日のせいで見えなかったから、見えてたら
道を譲りますよね。

彼は体育館の空手の大会を見に行く途中で
レバンナも退屈で来てたんでしょうね。

その時の興業ポスターがレバンナが中心で
「獣神、降臨する...」かなんかだった?と思いますよ。

レバンナとケンカなんて誰もしないですよ。(笑)

でも石井先生を超えるプロモーターは日本にはいないと思いますよ。
功績は大きいですよ。認めざるをえないじゃないですか?


ベルナルドとバンナの打ち合いでベルナルドが勝った時もバンナに
フィリィオがKOされた時もね、セフォーとマークハントの打ち合い
もおもしろかったし、佐竹君とベルナルドもおもしろかったですよね。



一番の試合は魔娑斗とブアカーオの2戦目ですかね。
どちらも芸術的に鍛えた体でどっちがタイ人かわからない位でしたね。



でも全盛期の魔娑斗対ラモンデッカー見たいですよね。
ものすごく噛みあうと思いますね。タイに行った時に
日本のカラテ家やボクサー、キックボクサーの名前なんて
誰も知りませんでしたよ。


でも「ラモンデッカー」だけはタクシーの運転手だって
知ってましたね。すごいなと思いましたね。

クエストのビデオで「格闘王国オランダ通信」って出てたビデオ知ってますか?
その付録ビデオってすごいんですよ。



ラモンデッカーのミットトレーニング映像が入ってるんですけど
これがとんでもなくすごい、なぜ付録かわからない。
伝説の映像ですよ。



N君という昔、正道会館にいた後輩がいるんですけど、そいつ中学の時に柔道
やっててね、あの有名なメダリストの篠原さんと乱取りやったことあるんですよ。

「化け物ですよ...化け物だって...」(笑)

空手の新人戦で場外に出そうになって負けそうになって
思わず柔道の背負い投げやって笑いましたよ。
爆笑ですよ。


そいつが正道会館に入ってトレーナーの湊谷さんに聞いたらしいんですよ。
K-1ファイターのミット蹴り受けて
「誰が一番蹴り強かったですか?」って聞いたらしいんですよ。


そしたら、「カーマン(ロブ・カーマン)が一番蹴りがきつかった。
腕折れるかと思った」って言ってましたね。

興味深い意見ですね。N君読んでるか?

このN君が空手の大会でマス大山にサインもらおうと思って並んでたんですよ。
そして1人前のやつがタオルにサインしてもらってる時にね大山総裁から
「チミー、タオルの端を押さえんか!」っていきなり言われて(笑)


「あの人すごいですね、目が合っただけですいませんって言ってまいそうですわ」
って言ってましたね。





でも昔は全てがすごかったですね。




1度でもチャンネルつけて楽しんだことがあるなら
石井先生に感謝すべきだと思いますよ。
もうあんな有能なプロータモーター出て来ないですよ。


でも後川先生なんて試合の3日前に対戦相手がドタキャンして
石井先生に「モーリススミスとやれ!」って言われたんでしょ?


角田さんが
「3日前にモーリススミスとやれって言われて普通はやる奴はいない」って
「押忍!」しかないですからね。返事は(笑)



でもあそこまで持っていける人はこの世界にいないですよ。
尊敬していますよ。


<松宮康生先生について>
1997年のブルース・リーブームを復活させた功績は大きいと
思いますよ。1番の傑作はやはりデビュー作の「最強格闘技図艦」で
すかね。絶対、失敗できない。という緊張感はあったと思いますよ。

だから確実にヒットを出さなければならない緊張感の中から生まれた
傑作ですよ。


そんなに売れるジャンルの本じゃないですからね。そこで初版1万部
が何の広告もなく一気に売れた。出版社も無名の新人だからナメてたの
かも知れませんね。

ところがものすごいスピードで初版完売ですからね、すごいですよ。
ブルースリー格闘術の時なんか1ケ月に1冊ですよ???
それで4冊出しましたからね。


超人的出版スピードですよ。あまりにも早く出せ出せとうるさく言われる
もんだから内容が荒くなって反省されたこともありましたね。


「ブルースリー・ザ・グレイテスト」が2番目の名作だと個人的に思い
ますよ。ブームが色々な所に火がついて死亡遊戯の残りのフィルムまで
出て来た。天下のソニーまでが出版社創って参入して来た。


でもうまく行かなかった。そこがブームを捕らえられるかどうかの才脳
の差でしたね。とにかくね、ブームを創るのは至難の技ですよ。
だから松宮先生にしろ石井和義先生にしろすごいんですよ。


アンチになって批判するのは簡単ですよ。でもね、やった人間が一番すごい
と思いますよ
。それは皆さん認めるべきですよ。気になるから批判するんです
よね?、日本人だけが批判して嫉妬して潰したがるんですよね。

これは日本人の悪い所ですよね?、アメリカ人とか世界の人はまずチャレンジ
した人を心から賞賛するんですよ
。それは見習うべきことですよね?


<追悼:小松選手>

松宮先生と村田栄次郎さんのインタビューに同行した時に

会いましたね。ジャニーズのように男前でしたね。

バイトでテイッシュ配りやってるって言ってましたね。

亀田三兄弟の大樹と試合決まった時に道心先生の体全道

を学びに来てたそうなんですよ。

武道の動きを身につけて勝つという理由だったそうですね。

でも崖から落ちて亡くなってしまったんですよ。

見たかった試合ですね。亀田戦はね。


http://www.sponichi.co.jp/battle/special/kameda_brothers/2009_05_13_daiki/KFullNormal20090414067.html

























posted by KARATE SPIRIT at 10:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

流派の壁を超えて2

pedal3.jpg

昔は流派名はなのらずに〇〇県、と名前だけだったんですかね。
流派の戦いではないからという理由ですね。

でも正道会館の全日本が行なわれ、注目を集めるようになった。
そして代7回ウェイト制で初めてぶつかるようになった。



この7回、8回、9回のウェイト制は最もおもしろかった
ですね。9回大会は私も参戦しましたよ。
まさに大同団結の場ですからね...



特に正道対極真の戦いは空手版の巨人阪神戦のようでしたね。
会場の盛りあがりも本当にすごかったですよ。



判定が微妙で正道の選手の負けだったらパンフレット破り捨てて叩きつ
けたりして会場出る客もいましたよ。極真も必死で正道の選手だけは
潰そうとしてましたね、自分は討ち死にしてでも次につなぐような
極真選手の必死さがわかるんですよ。




最高潮は柳澤選手対黒澤選手ですか、会場の歓声でエコーかかってた
位ですね。角田さんが言ってましたね、「もし、プロになってたら
一番強くなってたのは柳澤だろう」ってね。


この後、佐竹君対八巻選手があったら会場爆発してたでしょうね。
歴史に残る大会になったと思いますよ。
この世界、つまらん意地の張り合いや権力争いでカード実現せずに
終わるでしょ?


そこでファンはがっかりさせられる。


一番盛り上げたのは柳澤選手ですよ。才能あるんでしょうね。
すぐ対応してますからね。ただ、体力勝負の極真ルールでは
体が細いだろうなと思いましたね。


角田さんも色々言われてますけどテクニシャンですからね。
でも朝から晩まで空手やってる人と社会人では絶対差
が出ますからね。


柳澤さんとかあまり練習してなかったと思いますよ。
才能だけであそこまでやれるからすごいですよね。


田上さんが極真の選手の後ろ廻し蹴りをしゃがんでよけたのも
驚きましたね。この2人は才能そのものがすごいと思いましたね。


会場に行くまで「本当に出るのか?、出れるのか?」と疑ってましたね。
参戦した石井和義先生に感謝する位おもしろかったですね。
違う動きで調整している「正道軍団」を見つけて
「本当に出るんだ????」と本当に驚きましたね。



チャレンジした正道の選手を応援しましたよ。
なんか親戚の血がつながってるようなね。



でも佐竹君だけ書類不備で参加できなかったんですね。
本人は絶対間に合うように送ったって言ってますよね。
極真もそれだけ焦ってたんでしょうね...




参加できてたらもっとおもしろかったのに残念ですよ。
でも正道の選手が本当にかっこ良く見えましたよ。


この大会見た後にはどんな空手の大会もおもしろくないように
見えましたね。それだけすごかった。
だから、もう空手の試合会場そのものに行かなくなりましたよ。


ストーリーが大事ですよね。話題性が強くないとお客さんは
会場まで行かないですよ。赤字になって当然ですよ。


やはり他流の目玉選手が参加しないとおもしろくないですよね。
シュートボクシングの村濱君や吉鷹さんもエントリー
したことありましたね。


当日、欠席でしたけど。
だから極真1つに他流のチャレンジが1番おもしろい
ですね。


芦原会館や円心会館が参加してたらもっとおもしろかった
と思いますね。


ルールは違ってたとしてもいい勝負してた選手は多数いたと
思うんですね。今思えば歴史上この時だけでしたね。



そして次に流派の壁を超えてチャレンジしたこの人はすごいですよ。
白蓮の杉原正康先生ですよ。



私でも少林寺拳法奥義で研究してた時に「これじゃフルコンでは勝てんやろ?」
と思ってましたよ。また少林寺の選手も過去にすぐに倒されてましたからね。
もともと少林寺そのものが攻撃的でないですからね。



それでもあえてチャレンジしてたんですからスゴイ人ですよね...
尊敬しますよ。
普通は少林寺からは参戦せんでしょ....?
無理だと思うでしょ?





多分、組織の大きな圧力とかもあったと思うんですよ。
ブルース・リーの映画じゃないですが
「少林寺の名を汚したとかね...」


すごい人だと思いますよ。すごい勇気ですよ。
少林寺からのチャレンジなんてありえないですよ。
石井和義先生や杉原先生はこの時に歩み寄ろうとしてのたかも
知れませんね。



あの時は一番いい流れでしたね。
ただね、極真の選手と大会で初めてぶつかると
圧力のすごさと前進力にパニクってしまうんですよ。


もっと前から交流とかしてたらもっと他流は強くなって
おもしろい展開になってたと思いますね。


でもこの3回を見れただけでも幸せですかね
「空手ってこんなおもしろいんだな?」って思いましたね。


正道の選手は本当に素晴らしかったですね。
意地と意地のぶつかり合いがすごかったですね。
会場があまりにもエキサイトしてたんで大山総裁が怒って
「ガッツポーズ禁止令」出した位ですからね。



でもその後、正道会館は松井派の大会だけに
白蓮の選手は支部長会議派の大会にと分かれるんですね。


半分の極真とぶつかってもなー
と急速に興味が薄れていきましたね。



よく本部席の招待席のハガキとかもらってたんですけど
好きな知人に代わりに行かせてましたね。



急速に興味がね...薄れたというか...空手の世界のゴタゴタに嫌気がさしたと
言うか空手そのものが面白くなくなりましたね。やる気ゼロですよ。
分裂騒動に巻き込まれた極真の人達はもっと苦しかったでしょうね。


その前を知ってるだけに残念でしたね。
難しい世界ですよ。
梶原先生も見ていたら「おもしろい!」と
言ったと思いますよ。


まさに空手大戦争でしたね。
すごかったですよ。


石井先生が人を育てるという意味では1番じゃないですかね?
極真の選手は体力で他流の選手の間合いを潰しに来ますからフルコンの中でのテクニック
では常勝軍団を創った石井和義先生が1番だと思いますね。



芦原先生は「超のつく天才」ですから凡人との差が大き過ぎですよ。
松宮先生も実戦正道カラテのビデオの中での石井先生のサバキの指導のうまさを評価していましたよ。
天才と育てる指導者は別物なんですよね。

<出会いの大切さ>

スポーツやクラブって大事ですよ。その時に出会った人との縁が
大事なんですよ。それで人生が変わることもありますよ。
だってこの世界も空手バカやブルース・リーに人生変えられた人
ばっかりじゃないですか?

だから同じ遺伝子なんですよ。

試合会場でたまたま出会った大畑さん、石川さん、吉倉さん、もし
見てたらぜひまた会いましょう。

この3人の影響は大きかったですね。
大畑さんは正道会館の大会に全くビビらずにリングに上がった姿に
本当に感動しましたよ。勇気をもらいましたね。


シュートボクシングの平さんが参戦した時でしたね。
上段廻し蹴りもらって倒れましたよ。

「この人、全然恐くないのかよ?」と思いましたね。

石川さんはYOU TUBe動画でも出てますがトーワ杯で村上竜司と当たってKOされて
目が充血してましたね。今、動画を見ても右目押さえてますね。


石川さんはね、タイのパタヤビーチでムエタイに空手着来て飛び入り参戦した人
なんですよ。

急に日本から来たサムライのように紹介されて
日本代表になって会場が「空手VSムエタイ」の異種格闘技戦になり、異常な
盛り上がりになってしまい、ムエタイ選手が本気になって潰しに来た経験があるん
ですよ。


つまり、ムエタイに運悪く本気で潰された人なんですよ。
歩けない位足が腫れたそうです。(笑)
そりゃそうですよ。国技ムエタイが日本の空手に負けたらシャレに
ならないですよ。

観光客がたくさん見ているのに負けられるわけがない。


「この人、すごいな!!」と思いましたね。
この人達と出会ってから試合を経験しないとつまらん評論家で
終わるなと思いましたね。


神奈川まで会いに行きましたよ。人生を変えた3人との
出会いでしたね。また会いたいですね。
出会いって一番大事なんですね。

皆さんも本場のルンピニーやラジャナムダンに行ってくださいよ。

ムエタイのすごさがわかりますよ。
ジムに行ったらオランダの用心棒がたくさん修行に来て
ますよ。刺青がみんな入ってるからすぐわかりますよ。


人間じゃないですよ。あいつらは獣ですよ。
ルンピニースタジアムでね、ムエタイの選手の控室覗いたことあるんですよ。
ワセリン縫ってもらってましたね。黒い獣がたくさんいる部屋でしたね。

覗いた私の顔を見た時の目の色が違うんですよ。
「こいつら人間???動物園のジャガーかなんかじゃねーの??」って感じ


もう「中の部屋からの殺気がすごいんですよー」
こんなのとタイで戦った石川さんはすごいですよ。
生きてて良かったですね(笑)

村上竜司先生も怖かったでしょうけどね?







立ち技最強ムエタイ入門 -
立ち技最強ムエタイ入門 -






posted by KARATE SPIRIT at 14:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。